内視鏡検査(胃カメラ)

当院では最新の細径内視鏡で鼻から観察します。口から内視鏡検査をして「苦しくてもうこりごり」という経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?鼻から入れる内視鏡(経鼻内視鏡:けいびimg_1356ないしきょう)の場合は舌の根元に触れないので、ほとんど吐き気をもよおすことなく検査することができます。原則として眠くなる注射を行わないので、麻酔が覚めて体の状態が戻れば車の運転もすぐにできます。病気の発見率は経口の内視鏡と比べて遜色ありません。ただ鼻腔が曲がっている方や鼻腔が狭い方がまれにいます。その場合は口からの検査になります。ご希望がありましたら、眠くなる注射を使わして頂きます。

レーザー光源搭載の新世代内視鏡システム(LASEREO):内視鏡での狭帯域光観察(血管や微細な表面構造を見やすくする事)で診断精度を向上させ、病気の早期発見が可能です。lasereo

電話でのお問い合わせはこちら

 

 

 

内科・外科・肛門科・消化器内科・小児外科